改めて。食べるについて。

食べるって大事。

入り口にはパイナップル

酢豚のパイナップル問題は

きっとずっといつまでも

いらない派、いる派で話続けられる内容だと

私は思っていて

その理由はパイナップルは主役級

というところにあるとこう思っている

 

酢と豚としか名前に入っていない

食べ物の中に投入したら

そりゃみんな驚くだろう

 

姿ばっちり控えめ感もなくて

全然隠れてないし主張してくるし

なんならパイナップル豚じゃんか?

くらいの感じでそこにとろっと乗っている

 

おい!誰だパイナップル乗せたやつ?

俺は酢豚を頼んだんだぞっ!

って気持ちもなんとなく察せる

 

口に出さずとも

え?何?パイナップル入ってるんだけど

どういうつもりの何要素?

え?何とどう食べろっての?

と困惑を覚えることもあるだろう

 

ハワイっぽいピザのパイナップルに関しては

きっとこれは浮かれて乗せちゃったんだろうな

とすら感じてしまう

 

遊び心とは余裕から生まれるが

私がもしも

カメハメハ大王

初ピザ体験をさせてあげられる立場ならば

あれを食べさせるなんて事

絶対にしないと思う

今はその時ではない

そう私はカメハメハ大王を前に思うだろう

 

パイナップルはジュースか生が1番

 

そんな私のパイナップル人生を変えた食べ物がある

 

f:id:miyukiwi:20190526081200j:image

 

あなたはパイナップル炒飯を

食べた事があるだろうか

 

私のパイナップル炒飯初体験は

かれこれ10年前のおそらく

少し浮足立った夜の事だったと思う

 

どのつもりがあってパイナップル炒飯を

頼む心持ちになったのか

 

パイナップル炒飯は

カレー風味の炒飯に

ナッツ、ドライフルーツ

それからパイナップルの果肉が

一緒に炒めてあるご飯である

 

食べた私はすぐにその美味しさに

心の底から驚いた

 

パイナップルをご飯と炒めて

合うなんてことが起こったのである

 

しかもだいたいのお店で器はパイナップル

 

器から滲み出た果汁でほんのり

甘酸っぱいご飯にカレーの風味が

驚くほどあうのだ

 

Leon Bridgesのライブへ行った夜の事

なんとなく入ったタイ料理のお店で

久しぶりに食べた

 

よかったら一緒に行かない?

と誘われて行ったその空間は

みずみずしくて

なんだか色っぽくて

音楽に合わせて体を揺らすと

最高に心地が良かった

 

初めてパイナップル炒飯を食べた夜の事

隣に座っていた人は

誘ってくれたこの人だった

とふと思い出したのは

炒飯のカシューナッツ

口の中で砕けた瞬間の事だった

 

私はこの人ととても仲良くなりたいと

思っていたんだった

 

共通の話題で

沢山笑いたくて私は

パイナップル炒飯なんて

わかりやすく

よくわからない食べ物を

頼んだのかもしれない

 

その

とても仲良くなりたかった人と

私はとても仲良くなって

向かい合って

パイナップル炒飯を食べている

 

入り口にはパイナップル

主役級のあなたに

私の人生は助けられていたみたい