改めて。食べるについて。

食べるって大事。

牡蠣食う客は笑い疲れて

彼との付き合いは高校生の頃 彼は忘れたと思うけど 友人何人かで彼の家に行った時 私がふと ウィンナー食べたいと独り言を テレビを見ながら言った事があった すっと立ち上がって 彼はしばらく消えた後 ウィンナーを手に 部屋に戻ってきて はい。 と言った …

梅雨なのに春のこと

お菓子の製造をやってみたいなと思って いてもたっても居られなくなったのは 28歳という微妙な年頃だった お菓子と言っても ごはんみたいに食べられる デザートとかスイーツというより もう少し 日常的な感じの ほんの少しだけ 宙に浮くことが出来る お食事…

怪獣とおにぎり

そんなにお客さんのいない映画館には パパと妹と私 前の椅子と椅子の隙間から おっかなびっくり彼を見上げたのが 最初の記憶だ 下敷きを買ってもらって 帰ってきて 次の日学校で自慢した ガチャガチャをパパは たまに仕事帰りに 買ってきてくれて そこには手…

入り口にはパイナップル

酢豚のパイナップル問題は きっとずっといつまでも いらない派、いる派で話続けられる内容だと 私は思っていて その理由はパイナップルは主役級 というところにあるとこう思っている 酢と豚としか名前に入っていない 食べ物の中に投入したら そりゃみんな驚…

生き生きと奈良

奈良県に行った ついこの間 祖父が亡くなった その四十九日でお坊さんが 行ってみるといいよ と奈良県の長谷寺の事を話していたので 素直に次の週の休みを使って行ってみた 私は空海さんの人を楽しませる力 みたいなものに深く感銘を受ける よく知らないけど…

その夜私は沢山の事を知った。

食べる事が今少し困難。 ある夜 豚キムチを沢山作って食べ 朝起きて とろけるチーズをのせたトーストを 飲み込もうとした瞬間 ありゃ? と思った いつもみたいに 喉を通り過ぎない 朝だから乾いてるのかな? ともう一回 やはり 喉を通り過ぎない 病院でアレ…

結婚式のごはん。

GW中のこと。 高校の友人の結婚式があった。 かれこれ20年。 彼女のことを案外 まだよく知らないんじゃないか。 と思えるような式だったし。 彼女らしさを とても身近に感じる式でもあった。 毎年必ず顔を合わせている同級生が数名。 毎年、今をそれぞれ別の…

長野県蓼科温泉に行く。

久しぶりになってしまった。 理想的に物事を進められなくなると どうした良いのかわからなくなる。 とりあえずやってみるという事に 辿り着かずただ立ち止まる。 どうやってみんなそういう状況を 抜け出すんだろう? 私の場合は思い付きで温泉に行った事が …

家庭料理のこと。

私は国際結婚をしている。 実の母の事はママと呼ぶ。 義理の母の事はオモニと呼んでいる。 結婚式にキムチが並んだ時は 私の家族はもちろん 友人もとても驚いていた。 その光景にもだか。 何よりその味の美味しさに みんなとても喜んでいた。 オモニは料理上…

凛としている彼女について。(新聞記者 キムスンミ)

そのタイ料理屋さんはビルの3階にあった。 灰色の3階にぽつんと見える扉がそのお店の入り口なんだと認識するのに私は踊り場でぐるんぐるんと2、3回転したのではないかと思う。 扉を開けとんでもなく無愛想な店員さんに、待ち合わせだと伝える。 彼は今年1番…

この人の野生感について。(ピカソル創業者 小林みどりのお話)

みどりさんの挨拶はでかい。 まるまった背中はまっすぐに。 ふてくされた心はほっこりする。 ピカソルの創業者でとてつもなくパワフル。 彼女がピカソルを始めたのは 1985年の事だから33年前になる。 苦労話も色々聞いたけれど いつも面白おかしくその話をす…

究極の質問

飲み会の席などで話したりする究極の質問って色々ある。宇宙人に会ったらどうする?天国ってあると思う?幸せってどんな状態?とか。それ一晩でまとまるのかしら?という類の。だけど、多分その答えってほぼ大多数の人がそんなに大事でも無くて。なんとなく…